忍者ブログ
@PBW(Play By Web)"SilverRain" & "EndBreaker!"
[16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

……其れは、遠き異郷で生まれた祭礼であると。
此方の盂蘭盆会に似て、既に逝きし方々が唯此の一夜のみ舞い戻るのだと。
其の様な言い伝えが、過ぎし時の中で形を変えて今に残る祭礼であると。

稚都世殿や彼の姉上殿兄上殿から、そう伺いましてございます。
ただ此の国では其の謂れよりも祭礼の所作そのものに重きが……との事にございますが。

……確かに、あの方は……モトキ殿は舞い戻られたのでございましょう。
但し、舞い戻られたが故の末路が悲劇の他無しという事実を未だ、知らぬままに。


――不肖臥待、この一夜が仮令唯一夜の幻夢であろうとも……。



※11/8 00:50 初期稿Up。先ずは役割からの行動指針叩き台レベル。




--------

【b82570 / <Halloween 2011>おうじさまになりたいっ!】

●アビリティ
※現状思案中。月帝姫も建築士も損傷の軽微そうなアビが無いという……orz

HP:596(274+322)// CP:589(340+249)// 回避B:気魄
武器:風水盤&詠唱定規(神秘寄り)
攻撃力:49/112/143 // イニシアチブ:49


●プレイング
現字数:600/600 (残0)

--------
臥待等が操りし異能も、今宵の逝き返りしも。
全ては詠唱銀満ちるが故なりて。
……此の一夜の幻夢、モトキ殿の最後の幸いになります事を。


■仮装
嘗て自身が纏いし重ね袿と袴、羽衣。歩く為に底の厚い草履を。
――月帝姫に発想を得たのかもしれぬ、なよ竹のかぐや姫。
其れを此の臥待が装うは……御縁なのやも、しれませぬ。
お菓子を入れた小さな花籠を携えて。

■接触
姫君を探す筋書きに従い、序盤は物陰にて待機。
怪盗団の接触成功を確認後、逆方向へと。
折角の姫君探索行にございますから、早々の邂逅など興醒めというもの。
さりとて……臥待も此の賑わいに惹かれております故、まずはゆるりと周囲の見聞を。
ふと通り過ぎた花屋の軒先に並ぶ星の花が余りにも綺麗で暫し見惚れ。

……おや、あの御姿はモトキ殿。
さて臥待は可愛らしい御言葉を掛けて戴けましょうか。
「良い夜にございますね、異郷の若君殿。天の月より一時、舞い戻って参りました」
……月より参りしは嘘に非ず。彼には果たして告げねども。
合流後は仲間の皆様と共にモトキ殿と此の一夜を満喫。
繋いだ彼の手の冷たさに、心を揺らがせながらも。

■祭の終わり
全てを話さねばなりませぬ。
繋いだ手はけして離さぬまま。
命の鼓動止まりし姿では人を護り慕われる王子にはなれぬと。
……人を傷付け悲しませる王子に、なり変わると。

眠りし彼の最期の時至るまで、手を繋いで。
携えて来た花籠を、彼の腕の中に。
願わくば……安息たれ、と。 
--------
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ABOUT
ブログ説明等は此方に。
又、以下に関しても詳細あり。
 ・題字前の∫と@
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新CM
リンク
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]